線路のあるとこ一人旅    

リフトオフ!

      

三連休前日、どこに行こうかと悩んでいる時、ふと見つけたH-IIAロケット36号機の打ち上げ情報。
「ロケットの打上げを見たい!」という希望は"学生の内にやっておきたい事"の中で叶えられてない一つ。
躊躇する間に(キャンセルが出ていたのだろう)レンタカーが売り切れになってしまったことも逆に背中を押し、「秋の乗り放題パス」を使って普通列車で鹿児島へ向かい、フェリーに乗り継いで種子島へ。
現地では車にお乗りなさいという地元の方のご厚意に預からせていただき、恵美之江展望公園まで行き野宿。
仮眠2時間で迎えた打上げ当日の天候は良好。
「みちびき4号」を載せたH-IIAロケットは予定通りの時刻に無事打上げられた。

20171010-20171010_070418 のコピー

青空に残った弾道。

思い付きで出掛けた旅だったけれども、何か今回の旅は特別だった。
鹿児島からのフェリー以来、隣の旅人と必ず「ロケットですか?」から会話が始まって色々話し込んでから別れた。
車に乗せて下さったIさん、往路フェリー/展望地/宇宙センターと3度もお会いしたご夫婦、往復のフェリーで同じ部屋になった方....
島内で巡ることができなかった観光地も多いし、種子島へはまた必ず訪れたい。

Posted by はまなす on  | 0 comments 

梅雨の晴れ間に伊丹空港

ITM_787

梅雨の晴れ間に伊丹空港。

ITM_J-Air

青空に白い機体が映えますね〜

ITM_E190

伊丹〜鹿児島線ほかに導入されたエンブラエル190。

ITM_薄暮

夜の撮影には......もう一段高い三脚がほしい.....

Posted by はまなす on  | 0 comments 

雷鳥

DSC_8310 のコピー

冬毛まじりの雷鳥が見たくて、また北アルプスへ。

DSC_8415 のコピー

昨夏とは比べ物にならないほど近くで見られた....

Posted by はまなす on  | 0 comments 

奥能登紀行

DSC_0208 のコピー

能登線廃線跡探訪を蛸島駅で終え、珠洲から249号線を走り能登半島の北側(外浦)へ。
そこには能登に入ってから待ち望んでいた青空が広がっていた。

        DSC_0228 のコピー

北海道を目指す新日本海フェリー。

        DSC_0308 のコピー

DSC_0311 のコピー

白米千枚田はちょうど実りの季節だった。

        DSC_0343 のコピー

旅の6日目は、能登半島先端・禄剛崎へ行ったり。

DSC_0379 のコピー

輪島のレストラン「エトランゼ」で食事したり(とにかく量が多いのでおすすめです。)

Posted by はまなす on  | 0 comments 

白馬大池山行 〜雷鳥を探して〜

大学入学前から抱いていた、「雷鳥を見たい」という希望。
この夏はその希望を叶えるべく友人の協力も仰ぎ山に行く計画をたてた。
別所温泉を訪れた後、一路小谷を目指した。

       DSC_0422 のコピー

入山の日。天気は良好だ!

       DSC_2170 のコピー

友人2名(ワンダーフォーゲル部所属)に先導してもらい、蓮華温泉から白馬大池を目指した。

DSC_2193 のコピー
DSC_2185 のコピー

2時間ほどで白馬大池に到着。

       DSC_0442 のコピー
       DSC_0450 のコピー

山荘で一泊。夕食はなぜかジンギスカン。

DSC_2203 のコピー

慣れない星空撮影もしてみたり。

DSC_0003 のコピー

朝を迎えた。引き続き天気は良い。

DSC_0002 のコピー

振り返って白馬大池を望む。
雲海が綺麗だ。二日目は小蓮華岳を目指す。

       DSC_2218 のコピー

小蓮華へと続く登山道。
この登山道はNHKの「坂の上の雲」のEDでも登場していたそうだ。

DSC_2250 のコピー

雷鳥も、いた。

DSC_2265 のコピー

登山道もだいぶ進み、もう見つけられないかもしれない...と思い始めた頃の登場。
少し遠かったのが残念だけれども、まぁ仕方ないよな。

       DSC_2322 のコピー
DSC_2319 のコピー

無事小蓮華岳山頂に到着。
小蓮華岳の向こうには白馬岳がひかえている。

DSC_2324 のコピー
DSC_2321 のコピー

遥か彼方まで続いていた雲海。

DSC_2330 のコピー

さぁ、下りて旅の続きへ。

Posted by はまなす on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。